小林裕のホームページへ戻る

小林裕BBS

33435
ジャズピアニスト・作曲家 小林裕のBBSです。メッセージをよろしくお願いします。
名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Vol.39 のレポート (4) - Mika Miyauchi URL

2017/06/26 (Mon) 21:04:17

小林先生、

こんばんは~。
お変わりありませんか?

先週、小林麻央さんが亡くなって、
どんなに頑張っても
病に打ち勝つことはできないこともあるのだと
痛感しています。

さて、レポートの続きです!

レポート2nd Setの2曲目、
全体の7曲目からです。

7.Obscurity No.1

2005年に小林先生が作ったオリジナル。
あまり晴れ渡るということはない。
音が戯れてる。

鍵盤の解読が難しい・・・
低いところから高い音域まで
ピアノの鍵盤をあますところなく使っている

ベースのソロにドラムスの効果音がところどころに入る

いったいどこの国にいるのか分からない

たくさんの種類の音色が飛び出すドラムス
複雑なのにリズムがキープされてる
狂わない

3人の音が合わさって厚みが出る

夜の龍宮城??
人間の裏の世界??

8.Sundry Waltz No.35

素敵なワルツ
上品な少女が踊ってる
美しい女性が鏡に映ってる
暗闇の中に浮かぶダンサー
室内で踊っているイメージ・・・
と思ったら
どこか分からない
謎めいたワルツ

ピアノとドラムスが重なったエンディング
とても綺麗
ベースも素敵

9.Only You

プラターズ
1955年に発表された 
小林先生の生まれた年
その後多くの人がカバーしている曲

スローな曲
ピアノの表情がとっても豊か
うっとりします

3人の息のあった曲
雰囲気がすごくいい感じ
ピアノの低音が心に響く
・・・と思ったらすぐにメロディーが心に入ってくる

現実の日常に戻りたくなくなる世界
音の海・・・

10.Another Relevancy

小林先生の新曲
アップテンポの曲
3人の音のかね合いというかかみ合いが素晴らしい!

ドラムスの藤井さんが
小林先生のほうを見ながら
演奏していた所が印象的

大人の、のりのいい雰囲気
3人しかいないのに
オーケストラ以上の迫力

ドラムソロ、ずーっと聞いていたかったね!

曲を大切にした弾き方がすごく伝わってきて、
すごい迫力あるラスト

アンコール
サンドリーワルツ7
メロディーが歌えるテンポで
最後は少し落ち着いた曲

迫力と難解さが凄過ぎた1日でした。

分かりやすい曲は、
La La Lu のみ

最前列で鑑賞させて頂いたので、
小林先生の手がよく見えてよかったです。

最後は3人の笑顔で終わり!!

友人の田村さんも
とても喜んでくれたので、
また一緒にライブに行きたいと思っています!

これにて、4月16日のパーソナルプロジェクトレポートVol.39のレポートはおしまいです。
読んで下さり、ありがとうございます!

次回は秋でしたね!
また楽しみにしています。

心と体の健康に気をつけて
お仕事頑張って下さい!
そして楽しい毎日を!!

それではまた~!

Re: Vol.39 のレポート (4) - Mika Miyauchi

2017/06/26 (Mon) 23:05:58

さっきのレポート、
ちょっと間違いに気がついたのですが、
投稿の際、
編集キーを入れなかった為、
直せなかったので、ここで訂正させて下さい。

「聴く」の漢字、間違ってました。
「ずーっと聴いていたかった」
です。
それと、お気付きだと思いますが、
変な所に
「レポート」という言葉が
入っていました。

お詫びして訂正致します!

それでは、また~。

Re: Vol.39 のレポート (4) - 小林 裕

2017/06/27 (Tue) 13:26:06

MIKAさん

梅雨空が続く今日この頃です。
お忙しい中、リポートを投稿して下さり有難うございました!

なにか、随分前の出来事にも感じられます。

確かに、最終的に病に勝つに至らない場合もありますね。
でも、乗り越えられる人もいっぱいいます。
本人の強い気持ち・・意思が大切・・とも言われています。

そう簡単なロジックではないと思いますが、何事も諦めない姿勢は持ち続けたいと思います。

前回のライブ、概ねお楽しみ頂けた様で安心しました。
次回は10月に決まりました。

自分の思いが、なかなか通らない事が多々あります。
僕も強い気持ちを持ち続けたいと思っています。

では、又、お元気な姿のMIKAさんに会えるのを楽しみにしています。

Vol.39 のレポート (3) - Mika Miyauchi  URL

2017/05/19 (Fri) 19:38:50

小林先生、

こんばんは!

レポート2nd Setの1曲目、
全体の6曲目からです。

6. Samba Em Preludio

先生にとってリベンジの曲
ベースの寺尾さんにfeature
弦で奏でるのびる音
弦を置いて指で弾き始めると
違う楽器みたいになった

再び弦を持つと違う場面
弦楽器ののびる音がとても貴重な感じ

ドラムス・・・ラテンのリズムが機械のように正確に刻まれだす
シンバルの音も吹奏楽とは違う色々な音色
右手の音は山吹色
左手の音は黄緑やオレンジや黄色

ピアノの音色はブルーブラック
---------------------------
いつもレポートはネットカフェで書いていますが、
今日はパソコンが使いにくい席しか空いていないので
ここまでです。

次回、Vol.4をお楽しみに!!

睡眠と健康第一でお仕事頑張って下さい。

Re: Vol.39 のレポート (3) - 小林 裕

2017/05/20 (Sat) 13:39:19

MIKAさん

Vol.3を有難うございます!

確かに、弦楽器は弓で弾くのと指で弾くのでは、音色が大きく違いますね。
羨ましい気もします・・。

バーデン・パウエルと言うブラジルのギターリストの作品です。とても良い曲だと思います。

ここ数日、初夏を思わせる天気が続いています。
体調管理に気を付けて、お仕事、頑張って下さい!

Vol.4・・お待ちしております。

Vol.39 のレポート (2) - Mika Miyauchi URL

2017/05/03 (Wed) 19:22:41

小林先生、

こんにちは!
GWはいかがお過ごしですか?
私は旅行のようなゴージャスなことはなく、
昨日は仕事の後、東京体育館の陸上競技場でランニング、
今日は台東区のプールで泳いできました。

それではっ!レポート3曲目からです。

3. The Lady Is A Tramp

リチャード・ロジャースの作曲
ミュージカル
アップテンポな始まり
目にもとまらぬ速さで動く小林先生の右手
迫力がどんどん増してくる
ベースの低音の存在感が光る
3人のPerformanceが重なり合って盛り上がって
少し落ち着いてドラムメイン→3人の迫力がすごい
ところどころでピアノのメロディーが何かを訴える

冷静さと迫力を同時に表すドラム、すごい!
すごすぎて怖いです。

4. La La Lu

ディズニーのなじみのあるイントロ、
3曲目の「怖い」の後に知っているメロディーが聞こえてきて
ほっとしました。

ディズニーランドにいきたくなる・・・
素敵な恋人と手をつないで(恋人いないけど・・・)

ピアノのメロディーの裏でベースとドラムの存在感が光ってる

一人ひとりのソリスト達のレベル高すぎ!
おしゃれなピアノの音の数珠球、キラキラです
音でアクセサリーを作ったら
どんなにSplendidな世界観を表せるのでしょう。。。

ドラムの音の種類が無限大
ディズニーワールドを超えて
宇宙空間を行く!!

5. Che Vuole Questa Musica Stasera

1970年のイタリア映画「ガラスの部屋」主題曲。
リズミカル+ドラマチック
ドラムがリズミカルに歌ってる
とってもおしゃれ とっても素敵

ピアノの譜面台から五線紙が3枚落ちた・・・
それさえ 絵になる

演奏が大きなアート。
もし私に絵の才能があったなら
音を絵に描きたい

大きな壁いっぱいに
すべての悩みと共に
大きな筆で絵を描きたい
思いの全部をのせて

1st SETのレポートはおしまいです。
次回は2st SETのレポートをお届けします。

「Volいくつまで続くのでしょうか?」
というご質問についてですが、
書いていかないと私にも分かりません。

次回のパーソナルプロジェクトまでには
書き終えたいと思います(笑)

楽しみにしてて下さいね!

それでは、花粉症など、体調にはくれぐれも気をつけて!
またねー!

Re: Vol.39 のレポート (2) - 小林 裕

2017/05/04 (Thu) 01:37:43

MIKAさん

その後、お忙しい日々を送っていらしたのだと思います。
そんな中、Vol.2を有難うございます!
数週間前のライブですが、なぜか随分前の事の様な気がします。

とても素敵なリポート・・共演して下さったお二人の音が蘇るようです。
Vol.3も楽しみにしています。

健康的なGWをお過ごしの様ですね。
確かに健康が一番ですね。

体に気を付けて、お仕事も頑張って下さい!

Vol.39 のレポート (1) - Mika Miyauchi URL

2017/04/22 (Sat) 13:28:26

小林先生、

こんにちは!
4/16のライブ、素晴らしかったです!
一緒に行った田村さんも
「春の夜のひととき、仕事を忘れて気持ちよく過ごせた」と喜んでくれました。

次回のライブも楽しみにしています。

さて、恒例のレポートですが、
なかなかまとまった時間がとれないので、
数回に分けてお届けします!

1st SET

1. Resigned

2010年に小林先生が書いたオリジナル。
大人っぽい曲、
ピアノのイントロで入り、
ドラム、ベースが入ってきて、
大人の物語みたいなメロディー、音楽
少し暗めな色、景色、人の心の迷い、憂い、
難解なメロディー運び、
ベースで安定

中盤のほう、だんだん厚みがでてきて盛り上がり、
聞いている人の心が満たされてくる、

急に静かになる、変化、抑揚

ベースのソロがよく聞こえる、
ベースの存在感の中にドラムの効果音

沸き起こる拍手、
今度はドラムのソロ→ピアノとのかけあい

2. How Do You Feel Spring?

1曲目より安心して聞ける入り、
先生のオリジナル

「春」という言葉の入っているタイトルだけど、
快晴という訳ではない

何を思い浮かべればいいのか
微妙な白い雲が浮かぶ青空、若葉が揺れてる

桜は見えない。。。って文字で桜って書いたら見えてきた・・・櫻 桜 さくら・・・

音に厚みがすごく出てきて、
3人だけの演奏とは思えない

ベースソロ、1曲目より明るめの音
ドラムの音がバラエティに富んでいて
すごい音の種類が沢山溢れてる
ドラムの表情って
一体いくつあるの?

大人な春でした。

------------------------
続きは、またアップしますので、
楽しみにしていて下さいね!
それではまた!

Re: Vol.39 のレポート (1) - 小林 裕

2017/04/22 (Sat) 23:50:29

Mikaさん

先日は、お忙しい中、有難うございました!
そして、Mikaさんのリポート・・お待ちしておりました!!

しかも今回はVol.1なんですね。
と言う事は・・Volいくつまで続くのでしょうか?

今回は2曲・・・。
次回も楽しみにしております。

くれぐれも、体に気を付けて、お仕事、頑張って下さい。

無題 - 一恵

2017/04/17 (Mon) 20:29:14

初夏の陽気でしたね
若い方々が沢山いらっしゃって、ジャズファンが増えるのは
嬉しい事です  でも、やっぱり選曲は昔懐かしい...
オンリー ユーなんかが、いいですねぇ❤
サンドリーワルツ35 小林さんらしい曲で好きです
今回も寺尾さんが聴かせてくれました 素敵でした
次回は少し先になるそうですが、待ってます

Re: 無題 - 小林 裕

2017/04/18 (Tue) 11:40:57

一恵さん

先日は、お忙しい中、パーソナル・プロジェクトにお越し頂き、有難うございました。
それにしても、良いお天気でしたね。

そうですか、やはりOnly Youですね。
35番、気に入って頂いて嬉しいです。
MCで言い忘れましたが、珍しく夢の中でできた曲です。

諸事情があり、次回は秋になりそうです。
又、ご案内しますので、是非お出かけ下さい。

あけましておめでとうございます! - Mika Miyauchi URL

2017/01/01 (Sun) 19:07:21

小林先生、

あけましておめでとうございます!
今年の4月は以前にも一緒にいったことのある田村さんとライブを聴きに行く予定です!
楽しみにしております。

健康と睡眠第一でがんばって下さい!

小林先生にとって輝きあふれる新年となりますように!

Re: あけましておめでとうございます! - 小林 裕

2017/01/01 (Sun) 21:11:11

Mikaさん

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

早速、有難うございます!
Mikaさんにとって素晴らしい一年になります様に。

又、お会い出来るのを楽しみにしております。

無題 - 一恵

2016/11/14 (Mon) 17:48:13

11月6日は暖かくライブ日和でした
この時期、喉の調子が悪いと出かける気になりませんよね
会場でゲホゲホしたくないし…

今回も若いお二人と一緒でしたが
小林の指はますますなめらかに、力強く楽しませてもらいました
海老澤さんは帽子で顔が見えませんでしたが、のってるな〜って感じでした、寺尾さんは優しさが全身から溢れ出ていておっとりとした感じなのにベースの音は弾むように強く…素敵でした
アンコールも入れると11曲、中でも「Nostalgia」はとても好きです
物語が浮かぶようないい曲でした
小林さんの曲でしたか?どこかのテレビ局でドラマの主題歌にして流してほしいと思うような曲でした

次回は4月になってしまうのですね楽しみにしています
寒さに弱い小林さん、くれぐれも気をつけてお過ごしください

Re: 無題 - 小林 裕

2016/11/15 (Tue) 11:59:11

一恵さん

先日は、お忙しい中、有難うございました。
そして書き込み・・本当に嬉しいです!
ひょっとするとMikaさんの・・明けまして・・で今年が終わるのかと思っていました・・。

ライブ・・お楽しみ頂けた様で・・一安心・・。
海老澤さんのシャープなドラムと、寺尾さんの温かく、そしてアイデア溢れるベースに支えられ、楽しく演奏する事が出来ました。

Nostalgia・・このライブの為に書いた曲です。
僕もノスタルジックになる年になった・・と言う事ですね。

お店の都合もあり、ちょっと間が空きますが、次回は4月16日(日)に行います。
お時間が有りましたら・・是非!

明けましておめでとうございます - Mika Miyauchi URL

2016/01/02 (Sat) 20:50:20

小林先生、

明けましておめでとうございます!

昨年も素晴らしい演奏会、
幸せな気分になりました。

本年も、健康第一で、
頑張って下さい\(^-^)/

本年も小林先生にとって、
素晴らしい新年となりますように!

Re: 明けましておめでとうございます - 小林 裕

2016/01/03 (Sun) 14:07:01

MIKAさん

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

体に気を付けて、素敵な一年をおくって下さい!

謹賀新年 - 小林 裕

2016/01/01 (Fri) 12:33:31

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
皆様にとって素晴らしい年になります様に。

小林裕

レポート続き - Mika Miyauchi URL

2015/11/23 (Mon) 14:55:34

小林先生、

こんにちは!

レポートの続きです。

5曲目からです。

5 Escape

個性的な始まりでした。
「想像的な世界」という感じがしました。

どんどんスピードが上がっていく感じがしました。

演奏中、ひとりの女性が貧血かなにかで具合が悪くなり、
演奏者の皆さんも気になっていたようでしたが、
その後、その女性のかたは大丈夫でしたでしょうか?

看護師さんが付いているということだったので、
おそらく無事回復されていると思いますが。。。

そんな中でも3人は演奏をやめれない。
音楽は、止められない。
そう、曲は止めてはいけないのだ。。。

・・・なんちゃって、私がエレクトーンを習っていたころ、
先生にそう言われました。

そして私もほんの数年ですが、
ヤマハ音楽教室でエレクトーンの講師をしていたときに
自分の生徒に同じように、
「止まってはいけない」
と教えていました。

演奏会やグレードの試験の前などに、
演奏者としてもそれは心得のひとつでした。
音楽というのは止まってはいけない、、、。

フランスの事件のようなときは別ですが。

あまり大げさにしすぎると、
患者さんもあとで、皆さんにご迷惑をかけてしまったと、
精神的に負担というか気にしてしまうから、
そういうのもあるし。。。

私が、飲食店でお客さん商売をしていたころ、
お客さんが、
大きなピッチャーを落として
割れて、ガラスや水が飛び散ったことがあったのですが、
大げさに掃除したりしないよう、オーナーから言われました。
静かに、お客さんになるべく気を使わせないようにと。

曲のレポートにもどります。
ドラムソロがすごい迫力でした。
いつものことながら、
先生のパーソナルプロジェクトは、
一人ひとりのレベルの高さが本当にすごいです!

一人ひとりが素晴らしいソリストであり、
会場に足を運んだ方々に感動を与えてくれます。

今までも、今回も。

ドラムソロのすごい迫力から
再び3人の演奏に戻り、
個性的なピアノとドラムの刻み、
そしてピアノとベースのユニゾン。
ぴたっと息の合ったエンディング。

演奏後、
病人を出したのは初めて、と小林先生も不慣れなことで
戸惑っていたようでした。

前のほうに座ってらしたお客さんが、
「看護師さんが付いているから大丈夫」
と先生に声をかけてくれて、
私もほっとしました。

アンコールの曲名は、
ドリームフィーリング?ブルーフィーリング??
よく聞こえませんでした。
メモもとりはぐってしまいました。
(^^ゞ

心地よい素敵なバラードでした。
ベースがさりげない存在感。

縁の下の力持ちを絵に描いたような
野球で言ったら、キャッチャーかしら?

弓で奏でる弦の音、
メロディーもとても美しく響き渡っていました。

演奏会の締めくくりにピッタリの
綺麗で素敵な世界でした。

のりこさんから
還暦のお祝いに
赤いバラの花束が先生に贈られて、
とっても和やかでいい雰囲気で良かったです。

小林先生に出会ったのは、
たしか9年位前。
永田町駅の近くの山野楽器での、
ピアノの体験レッスンのときでした。

教えて頂いた期間は2年くらいだったと思いますが、
そのとき小林先生に出会っていなかったら、
こんな素敵な演奏会に足を運ぶこともなかったと思います。

そして、先生の演奏会には、
私一人で聴きに行くこともありますし、
友人と一緒に行くこともあります。

一緒に行った方々にはいつも喜んでもらえて、
一人で行っても誰かと一緒に行ってもいつも楽しいです。

先生の演奏会は、子供でも一緒に会場に入れますか?
今、小学校2年生の甥っ子がもう少し大きくなったら、
一緒に行きたいなぁ、と思っているんです。

伯母の私に付き合ってくれるか分かりませんが。

でも、大切な人と一緒に行きたい、
そう思わせてくれるのが、先生の演奏会です。

これからも頑張って下さい。
もちろん、心と体の健康を大事にしながら。。。

では、また~。

Re: レポート続き - 小林 裕

2015/11/24 (Tue) 12:37:42

MIKAさん

レポートの続きを有難うございます。
続編はいつかと、楽しみにしておりました。

具合が悪くなられた方は、念の為、病院に行かれましたが大事には至らなかった様です。直ぐ後ろで聴いていらした方が、某病院の看護師長の方だった為、その場でも色々ご配慮頂きました。

お子さんに来ていただくのは、問題ありません。
今までにも、小学生が聴きに来てくれた事があります。
最後まで聴いてくれました。

甥御さんと一緒に来てくれる日を、楽しみにしています。

では、いよいよ冬本番。
お体を大切に!


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.